ここでは、動画編集とは何か、ということについてお話しします。

動画編集アプリに必要な機能

ここで必要な機能は、2つあります。
1つ目は、BGMがつけれることです。最近の編集アプリは、著作権フリーの音源がアプリ内に存在し、自由に使えるようなものが多くなっています。他の音楽アプリを使わなくても1つのアプリだけで、SNSやYoutubeやInstagramなどに投稿が可能になります!
2つ目は、再生速度の変更、トリミング、文字を入れることが可能ということです。動画を編集する際には絶対と言っていいほど必要になってくる機能です。動画をどう見せるかによって再生速度は変わってきますし、いらない部分は削除する必要があります。また、おもしろ動画などの編集の場合は、文字をうまく使うことでより面白い動画を作ることができます。
以上の2点に注目して、アプリを探していきましょう!

こんな機能があれば捗ります。

ここでは、こんな機能があれば動画編集が捗り、もっと楽しくなる!というそんな機能をご紹介します。
1つ目は、動くステッカーです。ハートや星など多くの種類があるアプリもあります。ステッカーが動くことによって今まではぺったりとしていた動画もより躍動感が出て、一気に素人感がなくなります。
2つ目は、フィルターです。これは写真を編集するアプリにもありますが、よく使用されます。例えば、モダンな雰囲気を出したいときは少し赤みがかったフィルターを、海の中を表したいのであれば全体が水色や青色のフィルターを使用することで、雰囲気が抜群に出ます。
他にも様々な機能があります。このような機能をうまく使うことで、プロに近い編集が、アプリで行うことができます。